タブレットPC

タブレットPC, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=23253 / CC BY SA 3.0

#パーソナルコンピュータ
#コンピュータの形態
#タブレット型端末
#携帯機器
タブレットPC

タブレットPC(英語:tablet PC)とは、2001年に発表された、タッチインターフェースに対応したマイクロソフト社のMicrosoft Windows XP Tablet PC Edition及びその後継OSがインストールされたタブレットの一種。

平板状の外形を備え、タッチパネルあるいはペン入力操作(タッチインターフェース)に対応したディスプレイを搭載している。

なお、「タブレットPC」と言う表記は、タブレット端末(タブレット型コンピュータ)全般を指すこともある。

特に本稿では、いわゆるパソコン用OSである x86/x64版 Windows に対応したものについて扱う。Windows Mobile、Windows RTやiOS、Androidがインストールされたモデルについては対象外とする(これらの一部として、本項モデルの後継であるMicrosoft Surfaceがある。)。

タブレットPCでは携帯情報端末などと同様に指もしくはペン型のポインティングデバイスで液晶ディスプレイの表面に実装されたタッチパネルをなぞることで、マウスと同様の操作と、手書き文字や絵・図形などの入力ができる。マウス操作に比べてコンピュータに不慣れな人でも直感的に操作できるとされ、本体を片手で保持して立ち仕事などでも使用できる。

タブレットPCの構想は20世紀末からあったが、実際の製品は、2002年にWindows XP Tablet PC Editionが登場した時点でハードウェア各社から対応製品が登場した。

2010年にアップルがiPadを発売してタブレット端末の市場を開拓したことや、AndroidOSを備えたスマートフォンや一回り大きなAndroidタブレット端末が登場したことで大きく普及したが、2012年に発売されたWindows8以降のWindows OSはインターフェースがタッチパネル操作を意識したものとなり、プリインストールされた廉価なWindowsタブレット端末も本格的に発売され、高価格帯のものも含めてさまざまなタイプの製品が普及するようになった。

これらの製品は、従来からの x86/x64版 Windows PC用ソフトウェアを利用でき、従来同様のパソコンとしての用途も必要としている利用者層の需要を考慮している。

タブレットPCの形態としては大きくは「コンバーチブル型」と「ピュアタブレット型」の2つに分類でき、コンバーチブル型はさらに下記のように分類できる。これらは本体とキーボードを着脱したり折り畳んだりできる形態であり、タブレット端末としてもノートパソコンとしても利用できるため、2in1と呼ばれる。タブレットとしての使い方をメインとするのか、ノートPCとしての使い方をメインとするのかでどのタイプを選ぶのか基準が変わってくる。

Surface Proのようなタブレット形態メインの場合はキーボードドックが別売りになっている場合もあり、機構もヒンジがない簡易的なものが多いため、ノートPCとして使う場合はキーボード側で本体を支えられないため専用の衝立が必要となる製品もある。純粋にタブレット本体のみで、純正キーボードドックがない製品も存在し、その場合、BluetoothやUSBで接続する市販のキーボードを使用することとなる。

タブレットPC用途としては下記の2種類が使用されている。

同様のカテゴリのPCで以前からタッチパネルPCという製品が存在していた。タブレットPCと異なり、ペン入力等の機能が標準でサポートされていなかったため、各社各様にインターフェース、デバイスドライバ、ユーティリティ、文字認識機能等の仕様がバラバラで統一されていなかった。一部に小売されている物も存在はしたが、専ら産業用途に使われていた。しかし2005年に富士通より「P8210」というタッチパネル型のタブレットPCも登場した。2007年以降はタッチパネルを搭載したUltra-Mobile PCも各社から発売されたが、マシンスペックの問題等で、Windows VistaでもWindows XP Tablet PC Editionでもなく、Windows XP Home Edisionにドライバやユーティリティー等を実装して販売された製品も存在した。

以降のWindows OSでは、標準でペンタブレット入力デバイスでの使用を考慮した設計となっており、ソフトウェア・キーボードの搭載やタブレットを…